キャッシングの金利

キャッシングの金利

突然の支払いなどでお金が必要になったときなどに、お金の融資をしてくれるのがキャッシング会社ですが、簡単に利用できるからといって借りすぎにならないようにしましょう。
借りたお金はもちろん返済しないといけませんが、このお金には金利がかかってきます。
お金の融資をする側は、この金利で利益を得ているわけなので、無利子で融資をしてくれるという都合のいい話はありません。

金利は、借入れをする人の経済状況や借りた金額などに応じて変わってきますので、事前に調べてから借入れをするようにしましょう。
キャッシング会社によってそれぞれに設定されている金利ですが、上限は法律で決められています。
利息制限法では、10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%と決められています。
一方、出資法では借りた金額に関わらず年29.2%が上限となっていて、この金利の差がグレーゾーン金利として最近では過払い金として取りざたされていました。

良心的なキャッシング会社は利息制限法を越えることはありませんが、出資法の上限金利を採用しているキャッシング会社はヤミ金などの可能性を疑う必要があるかもしれません。
債務者側としても、どうせお金を借りるのであれば金利の低いところで借りたいというのが当たり前の心理でしょう。
キャッシング会社を選ぶ要因のひとつがこの金利ですので、返済で負担にならないように、なるべく低い金利で融資をしてくれるキャッシング会社を選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

レディス専用のキャッシングサービス
どんな特徴がレディス専用のキャッシングサービスにはあるのでしょう。 キャッシングサービスの中には、女性専用に融資を行っているものもあり、レディスキャッシングと呼ばれています。 安心して女性が利用できる... レディス専用のキャッシングサービスの続きを読む>
初心者におすすめのキャッシング
キャッシングを利用する人が多くなっている現在では、利用者数の増加に応じて融資をするキャッシング会社の数も多くなっています。高額の融資から、気軽に利用できるものまでキャッシング会社によって様々なプランが... 初心者におすすめのキャッシングの続きを読む>
アルバイトでもOKのキャッシング
キャッシングを利用する場合、基本的には安定した収入がなければ審査が通らないことがほとんどです。しかし、アルバイトやパートなどで働く人も数多くいます。そのような人達のために、アルバイトでも借入れができる... アルバイトでもOKのキャッシングの続きを読む>